市立病院の院内保育士の求人

院内保育士転職TOP >> 条件別の求人 >> 市立病院

市立病院の院内保育士の求人

市立病院の院内保育士求人を探すと、その多くは外部の委託業者による運営が行われているところが多く目に付きます。院内保育園を設置する病院が増加していく中で、病院が直接経営に携わるのではなく、外部の委託業者に運営を任せている病院が増えているのは、市立病院でも同じようです。市やその関連組織が運営する市立病院に設置されている院内保育園求人ですが、こうした外部委託業者による運営が行われている施設の場合には、委託業者に雇用される形になりますので、雇用条件や福利厚生面、さらには安定して雇用を続けてもらえるかなどは病院ではなく委託業者について調べる必要があります。

また、市立病院に設置されている院内保育園で保育士として働く場合には、その多くの求人がパートやアルバイトなどの非正規雇用の形を取っているところが多く見られます。実際に行う業務内容は一般的な保育園と同様で、子供の預かりから乳幼児の場合にはおむつの交換、遊びの見守りなどがあります。市立病院の院内保育士として働くにはもちろん保育士の資格が必要となりますが、一般の保育園と違って業務内容に関する負担は少ないところが多いです。その理由は、院内保育園が一般の保育園よりも小規模であることが多いからです。市立病院なので病院の規模としてはそれなりに大きなものとなるところが多いですが、それでも実際に院内保育園を利用される方は限定されますので、預かる子供の数もそれほど多くはありません。ですから、子供一人一人にしっかりと気を配ることができる環境があります。

市立病院の規模に設置されている院内保育園は、場所によって24時間稼働している施設も少なくありません。その為、院内保育士も24時間を交代制のシフトでカバーする必要が出てきます。基本的には正社員がいれば、正社員が月替わりの交代制シフトを組むことが多いですが、中にはパートやアルバイトの院内保育士にも夜勤をお願いすることがあります。求人内容には「夜勤が可能な方」という記載がある場合もありますので、週に1〜5日程度の出勤の中で、数日夜勤での勤務となることもあります。ただし、パートやアルバイトの場合には2交代制でということは少なく、3時間から8時間程度の中でのシフト勤務となることが多いです。夜勤の場合には仮眠時間があったり、夜勤手当が支給されることもありますし、夜勤専属で勤務すればその分収入面でのサポートも受けられます。

院内保育士の求人も豊富!転職サイトランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


>> 「保育ひろば」公式サイトでチェック!

 ⇒⇒ 人気ランキング詳細はコチラ


Copyright (C) 2017 院内保育士転職ランキング All Rights Reserved.