院内保育士の新卒求人

院内保育士転職TOP >> 条件別の求人 >> 新卒

院内保育士の新卒求人

新卒で保育士になる場合、一般の保育園と院内保育園のどちらに勤務するかを悩む方もいるでしょう。このような新卒で保育士になる場合の院内保育士についてご説明します。

まず、新卒で保育士となる場合に、勤務先を院内保育園にしたいという場合ですが、一般の保育園に比べて院内保育園の数そのものが少ない為、求人情報を見つけるのも少々ハードルが上がります。院内保育園の需要は高まってはいるものの、まだまだ一般の保育園に比べるとその数は少ないのが現状です。さらに、院内保育園は一般の保育園に比べて規模が小さいことが多いです。院内保育園は、設置されている病院の職員専用の施設となっている為、病院外の方の子供を受け入れることはしません。よって、預かる子供の数が少ないのが特徴でもあります。ですから、院内保育園の職員の数も少なくなりますので、新卒求人募集も少ないことになります。これらのことから、新卒で院内保育士になるには、一般の保育園で保育士になるよりも難易度が高いと認識しておいた方が良いでしょう。

業務内容については、まず小規模な保育園になりますので、子供一人一人と接する時間を大事にすることができる環境があります。また、病院職員の勤務時間に合わせて子供が預けられてくる事となり、24時間稼働している施設が多く、その場合には交代制で対応することとなります。変則的なシフト体制での勤務になりますが、その代わり一般の保育園のような大きな行事が行われない施設が多くなっています。どちらかというと、保育園というよりも託児所のような利用になります。ですから、新卒で院内保育士になると、その後一般の保育園に転職をした際には勝手の違いに戸惑う可能性もありますので、先々どういう保育士として仕事をしたいのかを考えた上で、院内保育士を選ぶことをオススメします。

新卒で院内保育士となった場合の待遇ですが、初任給に関しては一般の保育士よりも院内保育士の方がやや高めになる傾向があります。また、賞与に関しても同様の傾向があり、これは院内保育士の方が24時間交代制のシフトであったり、365日稼働しているという点が関係しているようです。よって、年収は一般の保育士よりも院内保育士が高くなりますが、その分夜間勤務であったり少々変則的な勤務体制になるということは理解しておいた方が良いでしょう。待遇面を優先するのであれば、新卒での院内保育士を選ぶことは、メリットが大きいと言えます。

院内保育士の求人も豊富!転職サイトランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


>> 「保育ひろば」公式サイトでチェック!

 ⇒⇒ 人気ランキング詳細はコチラ


Copyright (C) 2017 院内保育士転職ランキング All Rights Reserved.