公立病院の院内保育士の求人

院内保育士転職TOP >> 条件別の求人 >> 公立病院

公立病院の院内保育士の求人

院内保育士として働く場所はいろいろありますが、公立病院の院内保育士求人もあります。実際に公立病院の院内保育士求人内容を見てみると、やはり公立病院ということで規模も大きいため、24時間稼働していました。ですから、院内保育士の勤務時間は2交代制となっています。このような公立病院で働く院内保育士は、正社員の場合には大体一ヶ月ごとに日勤と夜勤を行う変動性のシフトとなることが多いです。また、パート勤務となる場合には、日勤と夜勤両方できる方が優遇されると思いますが、どちらかしかできないという場合でも採用されることがあるようです。いずれにしても、2交代制の場合には12時間を2交代で回すということになるので、少々労働時間が長くなる傾向があります。3交代制であれば一人あたりの労働時間はもう少し軽減されると思いますが、実際にはなかなか3交代制のシフトを導入している院内保育園は少ないようです。

待遇面では、公立病院の院内保育士でももちろん深夜手当であったり、夜勤手当はもちろんのこと、交通費等の支給もあります。大きな施設となると、入社後の研修制度なども充実しているところが多いでしょう。また、マイカー通勤が可能なところが多いのも、こうした大きな病院施設ならではの待遇となっています。そもそも公立病院は、地方自治体が経営している病院なので、福利厚生面は基本的にしっかりしていると思ってよいでしょう。また、公立病院は設置されている地方や地域の医療の中核となるため、今後も院内保育園の導入が増加して行くことが予想されますし、それに伴い院内保育士の求人が増える見込みがあります。ただし、一部の地方都市では過疎化の進行などにより地方自治体の財源不足となり、病院そのものが統廃合されたりして中には閉鎖に追い込まれる病院もあります。ですから、公立病院の院内保育士求人へ応募する際には、その病院の経営が安定して行われているか、今後も運営が続けられていくかといったところにも注意を払う必要があるかもしれません。

また、公立病院に設置されている院内保育士の求人であっても、中には外部の委託業者が運営している院内保育園もあります。こうした委託業者によって雇用される場合には、勤務先が公立病院であるかどうかということよりも、その委託業者の運営方針などが強く出る傾向があります。また、仮に公立病院が統廃合によりなくなった場合でも、近隣の別施設で勤務を続けられる場合もあります。

院内保育士の求人も豊富!転職サイトランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


>> 「保育ひろば」公式サイトでチェック!

 ⇒⇒ 人気ランキング詳細はコチラ


Copyright (C) 2017 院内保育士転職ランキング All Rights Reserved.