病院直接運営の院内保育士の求人

院内保育士転職TOP >> 条件別の求人 >> 病院直接運営

病院直接運営の院内保育士の求人

院内保育士の求人を探していると、その院内保育園がどこによって運営されているかという違いに気が付くでしょう。院内保育園というのは2種類あり、ひとつは院内保育園が設置されている病院が独自に設置をした施設です。そしてもう一つは、院内保育園を外部に委託していて病院とは関係のない保育園を運営する会社に任せている施設です。

近年、院内保育園はアウトソージング化が進んでいて、外部へ委託する病院が増えてきていますが、病院が直接運営している院内保育園もたくさんあります。病院が直接運営している院内保育園の求人に応募して採用されると、保育士ですが雇用主は病院ということになります。病院が運営する院内保育園と、外部委託された院内保育園、どちらの方が良いかということは一概には言えませんが、病院が直接運営する院内保育園で働くメリットにはどのようなものがあるでしょうか。

院内保育園を独自に設置している病院ということは、それなりに規模が大きな病院施設ということが考えられます。そもそも小規模な病院であれば働く看護師や職員の人数が少ないので、院内保育園を設置するということはあまり考えられません。つまり病院が直接運営する院内保育園は、運営元が大病院という事になりますので、就職後の安定が見込めます。大病院であれば倒産や閉鎖ということもまずありえませんし、その病院で働く職員が大幅に減ることもありません。となれば、院内保育園の需要も減ることはなく、院内保育士の仕事がなくなることもないでしょう。

また、大病院の院内保育園に雇用されると、福利厚生の面でも期待が持てます。大きな病院の多くは医療法人が運営していますので、中小の病院などに比べて福利厚生を含めた職員へのケアがしっかりしているところが多いからです。病院が自ら院内保育園を設置するということは、そもそも病院が働いている職員のことを考え、ケアしようという姿勢が見て取れるので安心して働ける環境が整っているとも言えます。その他、大病院は基本的に交通アクセスが良い場所にある場合が多いので、通勤に関する負担も少ないという特徴があります。

病院が直接運営する院内保育園で働くということは、もちろんメリットばかりではなく、やはり病院職員が安心して働ける環境づくりが第一となりますので、院内保育士には24時間の対応など病院職員を中心とした働き方が求められます。そうした労働条件なども考慮した上で働くことが、院内保育士には求められます。

院内保育士の求人も豊富!転職サイトランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


>> 「保育ひろば」公式サイトでチェック!

 ⇒⇒ 人気ランキング詳細はコチラ


Copyright (C) 2017 院内保育士転職ランキング All Rights Reserved.