院内保育士に必要な資格

院内保育士転職TOP >> 基礎知識 >> 院内保育士に必要な資格

院内保育士に必要な資格

院内保育士に必要な資格は、保育士の資格だけです。保育士の資格さえ持っていれば、一般保育園でも院内保育園でもどちらでも働くことができます。院内保育園は病院内に設置されている保育園ですが、特別な保育をする施設ではありません。病院で働く看護師さんたちの子供を預かるために設置された、いわば託児所に近いイメージです。ですから、普通の保育士の資格があれば働くことができるのです。一般保育園に比べて、院内保育園の方が楽な面もあれば、辛い面もありますが、それは施設により異なります。

実際の現場は、保育園よりも託児所に近いイメージなので複雑な業務は少ないと言えるでしょう。ただし、病院で働く看護師さんの子供を預かるので、子供を預けに来る時間はバラバラです。朝から預けに来る方もいれば夜勤で夜に預けに来る方もいます。なので、施設によっては夜勤も発生します。しかし、これも保育士の資格があれば従事することができます。ちなみに、院内保育士と混同されがちなのが、病棟保育士や医療保育士です。これらの保育士は、院内保育士とは全く別のもので、病棟保育士や医療保育士は入院している子供を担当する保育士です。

院内保育士として働くために特別な資格は不要で、保育士の資格だけを持っていれば誰でも働くことができます。しかし、一般保育園と院内保育園はそもそもの数が違う為、なかなか思うように院内保育士として働くことができない場合があるかもしれません。やはり、一般保育園に比べると院内保育園はまだまだその数が少ないのが現状です。ニュースなどでも報じられることがありますが、一般保育園の数でさえ足りないと叫ばれており、保育士や保育園の増設が求められています。そんな状況ですので、院内保育園はさらに数が少ないことはわかると思います。ですから、院内保育士として働きたいという保育士の資格を持った方が、院内保育士の求人情報を求めてもまずなかなか見つけることが難しく、さらに見つけたとしてもライバルが多いため採用されるかどうかと言う点も問題となります。

しかし、そんな院内保育士の求人数が少ないと言う現実がありますが、それでも募集内容次第では保育士の資格を持っていれば、院内保育士として働く場所を見つけることができるかもしれません。一般保育園と違って院内保育園は365日24時間稼働している施設が多くあります。そのため院内保育士も同じ体制が求められるので、一般保育園よりも多少過酷な労働条件となるからです。その条件を飲むことができるなら、院内保育士として働く場所も見つけられるかもしれません。

院内保育士の求人も豊富!転職サイトランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


>> 「保育ひろば」公式サイトでチェック!

 ⇒⇒ 人気ランキング詳細はコチラ


Copyright (C) 2017 院内保育士転職ランキング All Rights Reserved.