院内保育士の給料・待遇

院内保育士転職TOP >> 基礎知識 >> 院内保育士の給料・待遇

院内保育士の給料・待遇

院内保育士は、病院で働く看護師さんが安心して働くために必要な仕事として注目されています。また、看護師さんのための施設ということで、24時間稼働している施設もあるなど、その労働状況は決して楽なものではありませんが、そんな院内保育士の給料や待遇についてはどのようになっているのでしょうか。

まず、一般的な保育士の給料は安いということでいろいろなところで問題視されています。保育士の給料が安すぎるため、保育士を目指す若者も増えず、結果的に保育園不足や保育士不足が社会問題になっています。そんな一般的な保育士の給料は、全国平均で年収323.3万円となっていました。(平成27年度)ただし、保育士の中でも効率の保育園に努める保育士、つまり公務員の保育士の場合にはそれよりも高い年収となっており、例えば東京都練馬区の公務員保育士の平均年収は500万円を超えていました。このように、同じ保育士でも地域や公務員かどうかなど、様々な条件によってその年収にはかなりの開きがあることがわかります。

では、院内保育士の場合はどうでしょうか。院内保育士の給料は、一般的な保育士と比べると高めですが、公務員保育士ほどではないというところです。一般的な保育士の初任給が大体16万円〜程度とすれば、院内保育園で働く保育士の場合は初任給でも18万円〜となります。さらにボーナスも給料の2〜3か月分程度支給されるため、年収で考えるとそれなりの金額になります。

また、単純に年収だけで計算するとそれほど大きな差には感じないという方もいるかもしれませんが、一般の保育園と院内保育園を比べると、業務内容にも差があります。例えば院内保育士の場合には、シフト制で働く場合が多く、残業は比較的少ない傾向があります。さらに、院内保育園は一般の保育園に比べて規模が小さいことが多く、子供一人一人にしっかりと眼を配ることができます。大規模な保育園だとたくさんの子供がいますので、常に眼を光らせていなければなりませんが、院内保育園は小規模なのでそう言った面では楽と言えるかもしれません。クラス単位での管理や、年間行事などもあまりないので、通常業務にプラスαとなるような負担も少ないと言えるでしょう。このように、業務内容で一般的な保育園より精神的な負担や体力的な負担が少ないということを考えれば、院内保育士の給料は働く側のイメージにマッチしていれば、納得のいく金額と言えるのではないでしょうか。

院内保育士の求人も豊富!転職サイトランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


>> 「保育ひろば」公式サイトでチェック!

 ⇒⇒ 人気ランキング詳細はコチラ


Copyright (C) 2017 院内保育士転職ランキング All Rights Reserved.