院内保育士へ転職時の注意点

院内保育士転職TOP >> 基礎知識 >> 院内保育士へ転職時の注意点

院内保育士へ転職時の注意点

子供が好きで保育士の資格を取り、保育園で働いている方の中で、院内保育園で働いてみたいという方がいます。その理由は様々ですが、一般の保育園から院内保育園への転職をする場合の注意点などをまとめてみます。

まず、院内保育園へ転職を考える際には、一般の保育園と院内保育園は同じものではないということを認識しておく必要があります。院内保育園は、病院で働いている看護師さんの子供を専門に預かる施設です。一般の方が利用することはできませんので、施設そのものが比較的小希望ある場合が多くなっています。ですから、もし、大規模な施設でたくさんの子供と接したいという場合には、院内保育園は向きません。さらに、院内保育園は託児所のようなイメージが強いので、一般の保育園のようにクラス分けされていないところも多いです。それにより、年間を通して大きな行事なども行われないところが多いですから、そうした行事などの経験をしたいと考えている方は、院内保育園を選ばない方が良いでしょう。

勤務帯系や待遇面についても、一般の保育園と院内保育園では違いがいろいろあります。一般の保育園と違って院内保育園は勤務時間が複雑です。それは、病院で働く看護師さんのための施設なので、24時間体制で働く看護師さんの時間が中心となるからです。看護師さんは昼間だけでなく夜間も働きます。よって夜に預けられる子供もいますから、院内保育園の勤務には24時間のシフト体制を組まなくてはならなくなるのです。これにより、変則的な勤務時間を強いられるので、それも頭に入れた上で転職をしなくてはなりません。給料などを考えると、一般の保育士に比べて比較的高い傾向があるので、その点は心配ないでしょう。

院内保育園への転職を希望する場合には、まず院内保育士の求人を見つけなくてはなりませんが、院内保育園は一般の保育園に比べて数が少なく、小規模のため求人数そのものが少ないです。ですから、地域などによっては簡単に見つけることができないかもしれません。もし、あったとしてもごくわずかであったり、一般には公開されない場所で求人募集が行なわれている場合もあります。ですから、どうしても院内保育園で働きたいという場合には、より求人情報を手に入れやすい保育士専門の求人サイトを覗いてみるのも一つの手段です。その他、ハローワークやインターネットなどいろいろな方法を利用して院内保育園に関する求人情報を見つけましょう。

院内保育士の求人も豊富!転職サイトランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


>> 「保育ひろば」公式サイトでチェック!

 ⇒⇒ 人気ランキング詳細はコチラ


Copyright (C) 2017 院内保育士転職ランキング All Rights Reserved.