院内保育士として働くメリット・デメリット

院内保育士転職TOP >> 基礎知識 >> 院内保育士として働くメリット・デメリット

院内保育士として働くメリット・デメリット

院内保育士は、病院内に設置された保育施設で、その需要は高いだけでなく、実際に働く保育士にも人気が高まっています。では、院内保育士として病院施設で働く保育士には、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

まず、院内保育士として働くメリットの一つに施設が小規模であるという点があります。一般的な保育園に比べて院内保育園は、預かる子供の数が少ないことが多いです。なぜかというと、院内保育園は基本的に設置されている病院で働く看護師さんなどの専用施設となっており、外部の方が利用することはできません。そのため、比較的施設の規模が小さいのです。施設が小さく子供の数が少ないということで、院内保育士は少ない子供を相手にすることになりますので、一人一人とじっくり時間を使うことができます。保育士になった方は子供が好きな方が多いので、このように子供と向き合える環境はメリットと言えるのではないでしょうか。

また、子供の数が少なければ、保育士の人手不足という状況も免れますので、仕事内容も丁寧に行うことができます。他にはメリットとして、預かっている子供の親との連携もあります。保育園と病院が同じ施設内にあるため、緊急でもそうでない場合でも、親に確認したいことがあった場合、容易に連絡を取ることが可能というのも、院内保育園ならではです。急な体調不良などがあった場合などにはすぐに親へ知らせることができます。さらに、子供の体調という面では、そもそも施設が病院内にあるということで、緊急の場合には併設されている病院を利用することができるのも大きなメリットとなるでしょう。

一方、院内保育士として働くデメリットにはどんなものがあるでしょうか。まず、勤務体制については、一般の保育園に比べて負担が大きくなる傾向があります。というのも、院内保育園は病院で働く看護師さんの子供を預かりますから、看護師さんのシフトに左右されるのです。看護師さんは病院によりますが、日勤と夜勤の二交代制のところもあれば、三交代制のところもあります。それによって、朝来る子供もいればお昼からの子もいたり、夜預けられる子もいるのです。それらに対応するために、院内保育士も交代制のシフトで24時間対応しなくてはならなくなります。休みに関しても同様で、病院は休みなく稼働している限り、院内保育園も必要とされますので、暦通りの休みとはならなかったり、シフト調整が必要になるなどのデメリットがあります。

院内保育士の求人も豊富!転職サイトランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
保育ひろば 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


>> 「保育ひろば」公式サイトでチェック!

 ⇒⇒ 人気ランキング詳細はコチラ


Copyright (C) 2017 院内保育士転職ランキング All Rights Reserved.